看護師

病院で腰痛を診察してもらおう|痛み皆無で健やかな毎日

元気に過ごすために

女性

痛みの原因

腰痛は、年齢を重ねると腰の回りの筋肉や骨が弱くなってくるためおこりやすくなります。その他にも無理な姿勢の状態のまま仕事や動作をしたり、体の中の内臓が原因であることもあります。また、事故やスポーツなどで腰に強い衝撃を与えたことで腰痛になることもあります。腰痛の痛みには慢性型と急性型にほとんど分かれています。慢性型は、痛みが完治しないことや、マシになっても弱い痛みが続くことが多いです。そしてはっきりとした原因がわからないこともあります。急性型は、痛みが完治しやすく原因もはっきりとわかることが多いです。腰痛になった時には、内科や外科などの専門の病院へ行きそのときの様子を正確に伝えて自分に合った治療をすることが大切です。激痛を堪えることがないように注意しましょう。痛み皆無で健やかな毎日を実現しましょう。

よい状態を保つために

腰痛を少しすれば治るからと軽く考えることは効果的ではありません。病院ではレントゲンを撮ってもらったり腰の骨や神経まで傷ついていないかなど見てもらうことができます。腰痛になっても仕事や動作を続けなければならない時には内科や外科などで出してくれるコルセットや湿布などを利用することで痛みを軽減したり悪化を防いでくれます。また、年齢と共に体は衰えていくので腰の回りの筋肉や骨を強化するためにもストレッチや適度な運動をすることも腰痛の予防になります。ぎっくり腰は、一度なるとなりやすくなるといわれています。日頃から自分の腰の状態を知りいつでも正しい姿勢でいることが大切です。このように心掛けることで腰痛からおこる他の体への負担を防ぐことにもなります。

スポーツ障害の治療

看護師

アスリートたちからの信頼も厚い神戸の整形外科では、筋肉痛や骨折からスポーツ特有の障害に対する治療を行っています。スポーツ医学の知識を持つ専門的な医師も多いので、安心して治療を任せられるでしょう。

もっと読む

治療場所を確保

病院

腎臓病では定期的に透析を行う必要があります。そのため普段からどこでも治療を受けられるように備えておくことが大切です。岡山の病院では突然の災害などにも備え十分な設備を用意しています。県外の方であっても透析を受けている方は、岡山県内で透析を受けられる病院の場所をあらかじめチェックしておきましょう。

もっと読む

腫瘍を取り除く

女性

甲状腺にかかわる病気としてバセドウ病と橋本病があります。前者の治療には内科治療、外科手術、放射性ヨード治療の3つがあります。後者の治療には甲状腺ホルモン製剤の服用が一般的です。また、甲状腺に良性腫瘍ができた場合は外科手術で摘出しておいた方が無難です。

もっと読む