医療職に就きたいなら介護求人が最適【仕事探しのコツを伝授】

記事一覧

安定的な人材育成

男性

こらから期待される職業

東京では介護福祉士の求人は数多くあります。介護福祉士は少子高齢化が進む日本において今、もっとも必要とされている職業の一つです。介護福祉士は1987年、正式に国家資格として認定されましたが、時代とともにその役割は大きく変化して来ています。以前は東京都の求人の主な内容は身体介護が中心でしたが、最近では医療行為も伴うものへと変化して来ています。東京の求人にある介護福祉士の定義も、専門的知識と技術を持って、心身の状況に応じた介護などを行う事を生業とする者とされています。その中には2011年より医師の指示のもと、痰の吸引や胃ろうなどの一部医行為まで可能とされています。さらに2015年からの介護福祉士資格取得者からはこれら医療行為に関する研修が組み込まれるようになりました。一方で東京の求人にはケースワーカーとして未経験、無資格の人でも応募が可能なトライアル雇用事業対象求人というものがあります。これは平成26年度から始まったもので、介護人材の安定的確保と育成を目指す取り組みです。就労希望者は介護施設などで就労しながら、介護職員初任者研修を受講する事業なのです。受講者には一切の経済的な負担は発生しません。介護資格がなくても継続して介護労働に従事可能であれば誰でも求人に応募可能なのです。実際に現場で実務を体験しながら学べる事で貴重な体験ができるのです。また資格取得に向けてやり甲斐も感じられる事でしょう。